最短即日審査の早いカードローンはオリックス銀行

ネットでスマホからでも24時間申し込みが出来るオリックス銀行カードローンの審査は、回答は最短即日となっているのでスピーディな融資も可能となります。とは言ってもさすがに消費者金融ほどとはいかず、初回の借り入れまでは数営業日がかかってしまいます。


それでも、何週間もかかる場合もある銀行の借り入れの中でも、オリックス銀行カードローンは早い手続きであると言えるでしょう。

契約も来店不要のまま進められますので、自宅にいながら、窓口や店舗まで行かずともオリックス銀行からローンカードが届き、ATMや銀行振り込みを使って手軽にお金が借りられるのです。

カードローンと保証会社の関係

よく借金の連帯保証人だけにはなるなと言われています。実際、連帯保証人になったおかげでひどい目に遭った人もいます。もし、お金を借りた人がそれを返せない場合、保証人がそれを肩代わりしないといけなくなります。たとえ、借りた本人が自己破産したとしても、債務はなくなるわけではなく、今度は連帯保証人に債務が来るようです。

こうした事情は広く一般に知られていますから、だれも借金の連帯保証人などには成りたがりません。当然と言えば当然のことです。しかし、保証人がいなくてもお金を貸してくれる制度があります。例えば、多くの人が利用しているカードローンもそうです。あれは保証人を立てなくてもお金を貸してくれます。

しかし、保証人がいないのではなく、貸し手の金融機関に対して保証会社が保証をしているのです。ですから、カードローンを利用するには金融機関だけではなく、保証会社からも審査をされることになります。両方の機関からOKが出て初めてカードローンが利用できるのです。貸しても返済せずに焦げつきそうな場合にはこうした審査で落とされてしまいます。ですから普段からの金銭生活がきちんとしていないとお金を借りることができないわけです。

オリックス銀行カードローンの保証会社を確認

以前は1社だけだったオリックス銀行カードローンの保証会社は、今では新生フィナンシャルも加わったため、2社によるどちらかの保証を受けられれば借りられるようになっています。両社の違いは扱う顧客の層であり、あまり所得が多くない方でも、アルバイトやパートで安定した収入があれば、新生フィナンシャルによる保証が受けられる可能性があります。

詳しい情報はオリックス銀行カードローンの保証会社と審査でまとめられていますので、申し込み前に見てみましょう。

カードローンを申し込む時のポイント
キャッシング・カードローンの申し込みでの審査が通らなかったらどうしようと、不安になっている方も多いと思いのではないでしょうか。そこで、キャッシングの審査におけるポイントとなる点をご紹介します。

まずは申込みする人の年収です。年収といっても、手取りではなく税金などが引かれる前の金額の総支給額のことを指します。申し込みの際には会社員の場合は、会社からもらえる「源泉徴収票」、また自営業の方の場合は「確定申告書の控え」が必要となります。会社員の場合は直近1年分の所得証明書で大丈夫ですが、自営業の方の場合は3年分の確定申告書が必要となる場合が多いので事前に確認しておくことが必要です。

次に、勤務年数も重要なポイントです。一般的に最低1年以上の勤務実績は必要となります。ここはカード会社の絶対的な審査基準なので収入がいくらあっても1年以上の勤務実績がない場合は無条件で落とされてしまいます。そういった意味で、転職などを考えている方はタイミングを考えるのがいいかもしれません。

そして審査時には必ず「信用情報機関」での個人情報の照会があります。他社での借入件数、支払状況(遅延が無いかどうか)、金融の事故情報を照会され、ここで問題が無ければクリアとなります。

以上はキャッシング・カードローンを申し込む上での最低限の事前準備・確認事項となりますので、特に他社からの借入れのある方は申込前に遅延の無い様に注意することが大切です。

注意点を守って申し込めば怖くない
カードローンやキャッシングの審査は難しい、怖いイメージが強いものですが、しっかりと知った上で手続きを勧めれば問題ありません。特にオリックス銀行カードローンのように銀行であれば信頼も出来ますので、初めての借り入れにも適しています。

オリックス銀行カードローンなら借り入れを一社にまとめられるおまとめローンの借り方も可能となりますので、何かと便利で安全に利用出来るのです。